昨年の暮れに事情があり引越ししました。といっても遠方ではなく距離にして約2kmというところです。東京23区内、区はまたぎましたが、まぁ隣町のようなものです。

単身ではなく、家族での引越し、小さな子どももいます。一人暮らしのときのように、レンタカーを借りて、というのは厳しいと判断。初めて引越し業者に依頼することになりました。早速一括見積もりサイトに登録し、電話やらメールやらの営業攻めに合うことしました。

さて、沢山の業者からアプローチを受けたあとは、実際にどの業者に見積もりを出してもらうかを決定しないといけません。そこで「何社に見積もりを出せばいいのか?」で悩むことになりました。アプローチをしてきたのは十数社。しかし、こちらも仕事などがあるのでそこまで見積もりに時間を割くことはできません。そこで、半日で終わらせることにし、一社に一時間、時間をずらして三社に訪問見積もりをお願いすることにしました。結果的にはそれで十分でした。

まず、三社ともそこまで見積額が大きく変わらなかった、ということです。大手二社、中小一社でも、時期と荷物で相場がある程度決まっているのだろうと感じました。

そして、結局は一社に絞って依頼することになるので、他の会社には断りの連絡を入れなければいけません。断りの連絡だって、手間もかかるし気楽にできるものではありません。

業者を使った引越しが初めてということもあり、少し慎重になってしまいましたが、慣れた人ならひょっとしたら二社でも十分なのかもしれません。ここ最近は、引越し会社によってまるきり料金が違う、ということも少なくなっているようです。

参考記事:不用品を捨てるにはいい機会です