札幌のお隣の江別市は、基幹産業は農業なのですが、交通の便が良いことから、札幌のベッドタウン化していますが、大都市札幌の隣にありながら、野幌原始林があり、緑豊富で、石狩川が流れる自然に恵まれた所です。

江別市はかつて、石狩川を利用した交易で、栄えた所です。それも石狩川のおかげです。またその水を利用した、火力発電所、製紙会社もあり栄えたのです。その石狩川では、この時期になると他ではなかなかお目にかかることの出来ない、グルメが取れていました。今では、漁獲量も減り、貴重な魚になってしまった、ヤツメウナギです。秋から冬のこの時期には油が乗って、体にも元気が付く、貴重なうなぎだったのですが、最近の、河川の改良により激減の一歩をたどっているようです。しかし、今は、養殖の道を研究しているようです。このヤツメウナギは、ビタミンAが豊富に含まれているため、目薬の材料として、以前は、日本一の漁獲量で、各製薬会社に出荷されていたのです。そして、かつては、ヤツメウナギ祭りも行われていたのですが、漁獲量の減少と共に、お祭りもなくなってしまい、今では、ヤツメウナギの専門店が、1店だけになってしまいました。漁師の方々も、高齢などで、やめられ、今では、川面に浮かぶ、ヤツメウナギ漁の船を見ることも少なくなってきています。昔は、手づかみできる程いたのですが、またヤツメウナギを食べて、元気を出したいものですね。そんな江別市で、私はAGA治療をしています。江別になんかクリニックはないのでは?と疑問に思うかもしれませんが、江別でAGA治療を受けられる方法があるんです。実は東京のクリニックがスマホ診療をしていて、私は自宅にいながらにして、専門クリニックの診察を受けているんです。うなぎはいなくなりましたが、便利な世の中になったものだと感心しきりです。