子供のいない私達夫婦が購入した住まいは、築30年を越えようかという中古住宅です。

引き継ぐ子供もいなく、2人で暮らす家だから充分、と考えて決めました。
車がなくては生活できない田舎のため、2台分の駐車場は必須、
予算も少なかったため、選択肢は少なかったのですが、概ね満足しています。

とはいえ、やはり古い家のこと、数え上げようと思えば、不満はどんどん出てきます。
バスタブやトイレなどの設備は、30年の間に入れ替えられたようで、
特に古くはありませんが、なにしろ狭く、最近の足を伸ばして入れるお風呂に憧れを感じています。

希望は平屋だったのですが、予算の関係で2階建てとなり、しかも2階にはトイレがありません。
今はまだ夜中にトイレに起きることも少ないですが、もっと年を取ったとき、階下のトイレに急ぐのが大変そうです。
キッチンの設備も古く、吊戸棚は高い所にあって不便、引き下げられる最近の吊戸棚にも憧れます。

などなど、古い家なりの不満はいろいろありますが、それでも大切な我が家です。
中途半端な年代ものとはいえ、それなりの良さを見つけて大事にしていきたいと思っています。住まいの窓口 品川