私自身が中学時代、一番嫌だったのが学校の自分の教室に行くことです。

勉強や運動をするのが嫌というわけではなくて、人にイジメられていたという事もなかったんですが、人に会う事、人と話したり、人と一緒に勉強するのが苦手で学校に行きたくなかったんです。嫌だったのは「人」だったんです。
ですが、中学というのは、義務教育なため、ここに通わなければ高校は行けません。
そこで私が、中学2・3年生の頃、丁度受験の事を考えたなきゃならない時に思いついたことは‥
定時制、通信制の高校に行きたいと思ったんです。

ですが、親や先生に言われた一言は「この調子で定時は厳しい」と言われました。

そして私ともう1人の女性がいたんですが、その女性の方は、小学校の頃から自宅で勉強をしていて、中学にもあまりこなかったんです。
ですが、成績はオール5という感じの中学生には見えない、優秀で大人びた感じの女性でした。

そこで、その女性が言った一言は「私と今度から夜勉強しない」と言われたんです。
そして先生も「教室の中は先生と生徒2人だし、この子と夜勉強に来たらいいかもな‥」と言われました。

私は、中学の2年生ぐらいの時に受験勉強に夜に友達と学校に行ったんです。
夏の夜の学校の廊下はスーッとして、誰もいない校舎の中で灯がついてるのは私のクラスと職員室だけでした。

ですが‥やっぱり成績がおいつかなくて、最後は私立高校で伊那西の女子高に行きました。

この高校は男性は一切いなくて女子だけだったので、そんなに嫌だとは思いませんでしたが、やっぱり憧れは赤穂の定時制の高校でした。

でも、今になってみると、中学でやっていた夜間の授業が私の定時制の想い出だと思います。

学費が安い通信制高校は?