いざ引っ越しをする際に、多くの人がお日柄を気にします。
しかし、本当にお日柄は大切なのでしょうか?

私が引っ越しをしたときは、最もお日柄の悪い仏滅でした。
家族や友人に他の日にしたほうが良いのでは?とアドバイスを受けましたが、私自身、そこまでお日柄というものを気にしていなかったため、そのまま申し込みを済ませました。

引っ越しを終えた今感じたことは、仏滅の引っ越しでも、何も問題はありませんでした。
それどころか、逆に良い事尽くしで仏滅でよかったとすら感じるほどです。
なんといっても料金の割引額が本当に多いという事。

引っ越しの申し込みをする際には最も避けられる仏滅だからこそ、引っ越し業者は安い金額を提示し、スケジュールの空白を避けます。
通常金額の三分の一まで割引サービスを受けることが出来たので、本当に助かりました。
そしてもう一つが丁寧な作業を行ってもらえるという事です。

引っ越し業者も次の引っ越しがある為、急いで作業を終わらせようとします。
しかし、仏滅だと予約自体が少ないため、時間にも余裕が出来、とても丁寧に作業してもらえます。
大切な家具に万が一の事があっては悔やまれます。

仏滅というとどうしても避けようとするのが本音ですが、見方を変えてみるのも大切だと思いました。

近距離の引越しを単身パックでやると本当にオトクなの?